あちらを立てればこちらが立たず、な一枚汗

 

明るい花と黒いマッシュ・・・編集機能でなんとか。。

とりあえず、黒いパンツを履いたおとうちゃんを懲らしめたいと思いますkyu吹き出し

 

 

 

 

先日マッシュ花の健康診断に行ってきました!

 

去年の10月1日に突然倒れた花。花ぐるぐる

肝臓の数値GPTが極端に上がってしまい「2〜3日が山かもしれない」と言われたのがつい最近の事のよう。2週間の入院と投薬、定期的な血液検査をクリアして、今ではあの日の事がまるで嘘みたいに元気です!

 

今年の健康診断ではすべての数値に異常なし。わーい\(^o^)/

とは言え、去年の健康診断でも異常なしと診断された1週間後に倒れているので油断はできません・・・

 

 

マッシュは安定の低血圧。マッシュ汗

去年もそうだったので、そういう体質なのだろうと思います。寝起きが悪いのはそのせい??考える

 

そんなマッシュですが、この度『供血ドナー』に登録しました‼グッド

獣医療界では献血システムが確立されておらず、血液が足りていないのだそう。

ぜんぜん知らなかったけれど、人の医療並みに進歩していると思えば当然のことなのかも・・・。

 

ドナーになるには体重10kg以上必要との事だったので花は惜しくも対象外。

この日病院に来ていた子達の多くは小型犬。ゴールデンもいたけれどどの子もご年配の様子。。

そう考えるとドナーの数は本当に少ないだろうなと思えました。

 

ちょっと低血圧なマッシュだけれど、ガス室手前で救われたラッキーなマッシュだもの!

誰かの命を繋ぐことだって出来るかもしれない笑!

調べると、病院が保護犬をドナーとして迎える(飼育する)ケースも多いと知りました。

 

首元を剃毛して採血すると聞いたときはちょっと怯んだけれど、花なんて何度も剃毛しているもんね!

願わくば輸血が必要とされる日なんて来なければいい。

けれどもお声が掛かった日には、おかあちゃんがずっとイイコイイコしてあげるからねDocomo_hart

 

 

<後日談>

月に1〜2回は輸血の機会があるのだそう。

マッシュにお声が掛かる日もそう遠くはないかもしれません・・・ドキドキショック

 

 

もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、かかりつけの獣医さんに尋ねてみてください。病院によって募集の有無や、対象となる年齢・体重などが異なるかもしれません。

 

JUGEMテーマ:わんこ

JUGEMテーマ:わんこ


お知らせとお礼が遅れてごめんなさい。
花にたくさんのコメントをありがとうございます!!

花の肝臓の数値が 昨日無事に基準値に戻りましたので、
これまでの経過と合わせてご報告させてください。花みにはあと ←てづくりの花絵文字




10月11日の夜に病院から電話があり、12日夜、花が退院しました。
上の写真は自宅に戻った直後の写真です。
マッシュには少し戸惑いが感じられたけど、花はお股パッカーン!で嬉しそう♪ニコッ

肝臓の数値(GPT)は下がってはいませんでしたが、「食欲もあるしトイレもできているし、とりあえず元気なので、一時退院して様子を見ましょう。」とのこと。次の検査でも数値が下がっていなければ、開腹手術をして肝臓の一部を切り取り原因を調べるかどうか決めるように言われました汗
花が退院できたことは嬉しいけれど、正直 金銭的に余裕はなかったし、また辛い思いをさせてしまうのかと思うと悩みました。。




10月15日。
お友達のアドバイスもあり、花のセカンドオピニオンを受けることに決めました。
引っ越す前にはマッシュもお世話になっていた病院です。
東洋医学を取り入れた診察をしてくれて、とても丁寧に診察をしてくれる先生がいます。


じっくり話しを聞いてくださり、つぼを押すなどの触診をし、採血をしました。
検査結果が出るまでも、先生の見解をお話してくれました。

・環境の変化や、ストレスの蓄積による一時的な肝臓機能の低下ではないか?
・先天性のてんかん発作ではないか? など

先生に伝えた訳ではありませんが、9月に来客が多かったことや、他にも思い当たる節がいくつかあったので、先生の話になるほど納得。結局この日も1000オーバー(測定不可)の数値が965に下がった程度でしたが、帰りの車内では “開腹手術はしない” という意見でまとまった気がします。




マッシュのお下がり服を破って、遠山の花さんになりました。ショボン




家族が揃うことって、すごく大切なことだなぁ〜と実感。




10月18日、いつもの病院で再検査。635まで数値が下がっていました!
とは言え、基準値は17〜78くらいなのでまだまだ…。
それでも1000オーバーで数値化出来なかったものが 数値化できるようになった!ということで、開腹手術は行わずに薬で様子を見ることになりました!kyuきらきら
 
セ カンドオピニオンを受けてみて、診察方法の違いに改めて気が付いたりしました。簡単な問診と血液検査の結果だけで終わる近所の大きな病院と、問診触診説明 (おまじないまで 笑)を丁寧に行ってくれた町医者と。西洋医学と東洋医学の考え方の違いも知りました。 - See more at: http://iconosquare.com/viewer.php#/myPhotos/list
先 日セカンドオピニオンを受けてみて、診察方法の違いに改めて気が付いたりしました。簡単な問診と血液検査の結果だけで終わる近所の大きな病院と、問診触診 説明(おまじないまで 笑)を丁寧に行ってくれた町医者と。西洋医学と東洋医学の考え方の違いも知りました。 - See more at: http://iconosquare.com/viewer.php#/myPhotos/list

セカンドオピニオンを受けてみて、診察方法の違いに改めて気がついたりしました。
簡単な問診と血液検査の結果だけで終わる近所の大きな病院と、
問診触診説明(おまじないまで!)を丁寧に行ってくれた町医者と。。
好みや相性だと思いますが、今回はセカンドオピニオンを受けて本当に良かったと感じました。




家族の団欒の時。
マッシュがこんな風にくっついているのは珍しい!




10月28日。
この日の検査では、GPTの数値が109まで下がっていました!!
日常生活も特に問題なく過ごせているので、薬をひとつ減らして様子を見ることになりました。
肝臓サポートのごはんはもう少し続きます。




犬のイベントに行ってきました!
でも寒かったので、すぐドッグカフェに移動〜♪




お友達の買い物バッグから蒸しパンを盗み食いした犯人です。
この翌日、ゴミ袋から信玄餅の黒蜜をも盗み食いしてました。。汗




寒かったのか、マッシュのベッドに潜り込む花。
ほんの数分ですが、初めて犬団子が見れましたハート




11月7日、無事に基準値の63まで下がっていました!笑手
一時は花の命が消えてしまうかもしれない… と思ったこともあったけれど、入院していたなんて嘘みたいに今は元気に過ごしています。今後はお薬も無く、肝臓サポート用のごはんも減らし 以前のごはんに戻しながら様子を見ますはなまる


この一ヶ月、色んなことが一気に押し寄せてきた気がするし、生きた心地がしませんでした吹き出し
でもこれで少しは安心して一緒に里帰りできそう!りんごきらきら

実は、年が明けたら家族が増える予定です。赤ちゃん
花がぐりら家の子になると決まった頃に発覚した新しい命です。
そう、花は招き犬だったんですね!

でもだからこそ、花には生きていてもらいたかった。生きてくれて本当に良かった!kyu


来週にはマッシュと花を連れて、たくさんの荷物を持って里帰りです。
マッシュは一度経験しているけれど、花は初の10時間ドライブ汗
病み上がりなので慎重に、休み休み行こうと思います。手


環境が変わりまたブログの更新は滞ってしまうかもしれませんが、ぐりら家第三章?も
楽しみにお待ちいただけましたら幸いです花
というか、自己満足な我が家の記録・メモにたくさんの読者さんが居てくださったこと・アクセス数に驚いております!ありがとうございます!!

 
先 日セカンドオピニオンを受けてみて、診察方法の違いに改めて気が付いたりしました。簡単な問診と血液検査の結果だけで終わる近所の大きな病院と、問診触診 説明(おまじないまで 笑)を丁寧に行ってくれた町医者と。西洋医学と東洋医学の考え方の違いも知りました。 - See more at: http://iconosquare.com/viewer.php#/myPhotos/list

JUGEMテーマ:わんこ


元気に迎えてくれた。
ごはんもまぁまぁ食べてる。
でも便はまだ出ていないらしい。
肝臓の数値が下がらないまま日が経つので、肝硬変になるかもしれない…と主治医が言った。


花を膝に乗せ、撫でているだけで涙が出る。
何も出来なくて申し訳なくて、
保険に入っていなかったから満足な治療もさせてあげられないかも知れない。
悔やまれる。。

JUGEMテーマ:わんこ


元気がない。
今朝はごはんも食べていない。
この数日 便が出ていない。
体温が高め?
肝臓の2つある数値のうち、1つは回復したけれどもう1つが下がらない。
急遽 心臓のエコーを撮ってもらう。今回の件には関係なさそう(フィラリアは軽い)。
原因は分からないまま。


とにかく元気が無いのが気になる。
連れて帰った方が元気になるんじゃないだろうか…と思ってしまう。。

JUGEMテーマ:わんこ


なるべくいつも通りに…と努めてはいるけど、花が居ないとこんなにも静かなのかぁ〜と実感。。

実は10月1日に花が緊急入院となりました。

3時間程外出して戻ると、ゲージの中で少しも動かない花。かろうじて目は開いていたけれど、声にはちっとも反応しない。外でしか用を足さないのに寝たまま粗相をしているし、自力で立つことも出来ない…。
急いで病院に行き、血液検査、お腹のエコー検査などを行いました。


肝臓の数値が異常に上がっているとのこと。野良だったのでウィルス検査もしたけれど陰性。フィラリアも関係なさそう、ということで原因は不明。
一週間前に受けていた健康診断ではなにも異常は見つからなかっただけに、医師も私達も驚きを隠せませんでした。

3日が山と告げられて今日まで、かろうじて回復傾向にはあります。

写真は10月2日、朝の様子。
酸素室で点滴を受けていました。血便も出てつらいはずなのに、満面の笑みで迎えてくれました。
昨日もまだ肝臓の数値が下がっていないということで、入院は長引くかもしれません。

昨日面会から帰るとき、いつもドライな花が鳴きました。
早く帰りたいよね。帰ってきてね。。


…本当に、何が突然起こるか分からないのだなぁと実感。
今を後悔しないように、させないように過ごさなくてはと思いました。

1

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Counter

Rakuten!

映画「犬に名前をつける日」

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM